日本の名所

有名な名所も、そうでない名所も

2015年7月に、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界遺産登録された、という嬉しいニュースが飛び込みました。
それに伴い、日本全国の関連施設がその構成資産として登録されました。

そのうち、福岡県北九州市の構成資産は以下の4つです。
・八幡製鐵所 旧本事務所(北九州市八幡東区尾倉)
・八幡製鐵所 修繕工場(同上)
・八幡製鐵所 旧鍛冶工場(同上)
・遠賀川水源地ポンプ室(中間市土手ノ内)

しかし、上記いずれの施設も、現在、稼働中のため、内部を見学することができません。
そのため、官営八幡製鐵所関連施設を少し離れた場所から見学できる専用の無料スペースが設けられました。これが今回のおすすめの名所です。

このスペースから見えるのは、赤レンガ作りの建物である官営八幡製鐵所旧本事務所です。日本には複数の明治時代の赤レンガ建築が現存しますが、こちらもその一つ。中央にドームを持つ左右対称の形が特徴的です。遠くからではなく、施設の内部を見学したいという方は、「営八幡製鐵所関連施設見学ツアー」というのが地域の旅行会社で企画されている場合もあるようなので、参加してみては。

この無料眺望スペースですが、最寄り駅はJRスペースワールド駅から徒歩10分の位置にあります。駅の線路を挟み、少し歩くとファミリー向けの大型遊園地「スペースワールド」があるのです。
八幡西区は、世界遺産に遊園地、と、観光施設が豊富な、魅力的な地域ですね。

suizenjijojuen

熊本県熊本市中央区にある「水前寺成趣園(すいぜんじじょうじゅえん)」。

もともと熊本県の藩主・細川家によってつくられた大名庭園で、一目見ただけでも、思わず息を呑むほどの美しさです。

水前寺公園駅から徒歩数分と、アクセスも良い、人気の観光名所となっています。

その美しさを最大限堪能するために、ぜひ快晴の日に行ってほしいと声を大にする通の方も少なからずいます。

池はすべて湧き水が使われており、入り口の橋が日本橋、途中の山が富士山といった具合に、石、芝生、松などを使って東海道五十三次の景色を再現するよう設計されたのだそうです。

春夏秋冬それぞれ雰囲気が変わりますが、それぞれに味わいがあります。

また、散歩するのにちょうどいい広さで、芝生の上でくつろぐことも可能ですし、日常の雑事や都会の喧騒から離れることができ、地元の方にも遠方から来る方にも人気です。

地元のお菓子やお茶をいただくこともできます。

息抜きや気分転換に、観光に、日本の美学を感じるために、一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

58457801_624
福井県敦賀市にある旧敦賀港駅舎です。

敦賀港そばに建つとんがり屋根がシンボルマークの鉄道資料館で

かつてシベリア鉄道を経由してヨーロッパ諸国と結ばれていた、欧亜国際列車の発着駅として国際的にも重要な拠点とされていた敦賀港駅だそうです。

現在は鉄道資料館として時代背景を交えながら敦賀の鉄道に関する歴史を紹介し、鉄道資料や列車模型などを展示しています。

かつて北欧へ向かうための重要な鉄道だったのですね。
なんとも時代を感じさせるものですね。



このページのトップヘ