日本の名所

有名な名所も、そうでない名所も

カテゴリ: 東京都

愛らしいメイド服姿のウエイトレスがお客様をもてなしてくれるのが秋葉原の「メイドカフェ」です。

メイドカフェ(メイド喫茶)はその名の通り、メイドさんが飲み物や軽食を運んで来てくれる喫茶店。来客は飲食をするだけでなく、メイドさんと簡単な会話やゲームを楽しむこともできます。

日本にメイドカフェが初めて常設されたのは2001年(平成13年)のことでした。あるインターネット・ショッピング会社が秋葉原にメイド喫茶を開店したのが始まりです。その喫茶店はウエイトレスがメイド服を着て飲食物を運んでくるという趣向で大人気となりました。

現在では秋葉原の繁華街一帯に、多数のメイドカフェが営業しています。メイドさんの衣装は海外のメイドをイメージしたもので、おそろいのワンピースにエプロン、ヘアアクセサリー(プリム)というコーディネートが一般的です。

メイドカフェのサービスはお店によって異なります。来客を「ご主人さま」「奥様」「お坊ちゃま」「お嬢様」と呼んだり、飲み物に砂糖やコーヒーを入れてくれる、軽食に調味料を掛けてくれるお店もあります。

なかにはメイドさんとツーショットで写メを撮ったり、食事をスプーンで食べさせてくれるお店もあるそうです。とはいえ、メイドさんはあくまでウエイトレスなので節度をもって愉しむ必要がありそうですね。

 

練馬区中村橋駅から歩いて3分の所に位置する「練馬区立美術館」があります。

300px-Nerima_art_museum
 

1985年にオープンした練馬区立美術館は練馬区民に芸術に対する関心を
高めてもらおうと練馬区にゆかりのある芸術家の作品はもちろんのこと
近代、現代の洋画や前衛美術作品などを多く所蔵しています。

美術館は美術の森緑地にあるため、緑豊かな環境です。
休日に芸術と自然を楽しむのはいかがでしょうか?

大きな地図で見る


東京都新宿区の明治神宮外苑は明治天皇と皇后両陛下の御遺徳を後世に伝えるために創建されました。
聖徳記念絵画館や現明治記念館などの文化芸術に関する施設や現国立競技場、神宮球場、相撲場などがあります。

今では季節ごとにイベントが催されており、夏の花火大会や秋のいちょう祭りなどが有名です。

外苑の銀杏並木銀杏の木について

青山通り口から外苑中央広場円周道路には銀杏並木が植えられており、春の芽生え、夏の青葉、秋の紅葉、冬の裸木と四季折々と姿を変えて通りを彩ります。

銀杏の木は東京都の木として定められており、都民に愛されてきたこの銀杏並木の景観の美しさは世界的に知られているところです。

歩いてみるだけでも多くの発見がある神宮外苑。
休みの日でも、仕事の合間でも、訪れて癒やしを求めてみてはいかがでしょうか。


大きな地図で見る

rokugi

大きな地図で見る

東京都港区にある都立庭園、六義園。
ここは江戸時代に徳川綱吉の側用人、柳沢吉保が作った大庭園で
今でも多くの人が訪れる観光名所となっています。

六義園の一番有名なのがツツジです。
駒込と言ったらツツジと詠われるぐらい当時から有名で
時期になると花が開いてとても綺麗です。

また春にはサクラ、秋には紅葉と一年を通して綺麗な植物が咲いたり、色を変えたりと
一年中楽しめる庭園となっているのでいつ来ても楽しいです。

江戸時代から続く大庭園、六義園。
今も人々の美意識に働きかけるその美しさはいつの時代も変わりませんね。

東京駅のリニューアルが完成し、大手町はますます素敵になってます。
整然とそびえたつオフィスビルは日本のビジネスの中心地として
ふさわしい様相を呈しています。

オフィス街としての景観はよいのですが、
ちょっと緑があったら嬉しいなあ・・・
と思っていたら、
森が出現したんです!

002

その森があるのは大手町タワーという新名所。

to-199otemachi

中にはオフィスとホテルと地下商業ゾーン「OOTEMORI」オーテモリがあります。
そしてこの大手タワーの最大の特徴は大手タワーに約3600㎡、
敷地の3分の1に”森”があるのです。
千葉県君津市で3年かけて育てた樹木を
土壌ごと大手町に移動してできた森です。

高層ビルの屋上に緑を育てる試みはされているものの、
都心のそれも地上部分に森をつくるのは初の試みです。

「オフィス街を歩いていったら、突然森が出現!」
なんて経験ができる新感覚の名所ですね。

大きな地図で見る

このページのトップヘ